アメイジング・ヤマグチ 009 バットマン レビュー

DCコミックのダークヒーローがアメヤマから登場!アメイジング・ヤマグチ 009 バットマンのレビューです。体型や可動など、アメヤマ独特のアレンジが存分に盛り込まれていて、コミックから飛び出して来たようなアクションが決まります。

■メーカー:海洋堂
■発売日:2018年8月
■価格:¥7,300(税抜き)
■個人的評価
劇中再現度:4.0/5.0
可動範囲:4.5/5.0
プレイバリュー:4.0/5.0

アメイジングヤマグチ バットマンのスタイル

コミックからそのまま飛び出して来たようなマッシブな体型です。全体的に筋肉やスーツのシワが素晴らしいです。

横から見るとS路が際立つアレンジがされている事が分かりますね。

背面には特徴的なアレンジがなされたマントがリボルテックジョイントで接続されています。

マントを外すとこんな感じ。腰にはジョイントがありスタンドを接続する事が可能。
また、ベルトの基部はリボルテックジョイントで可動します。

バストアップです。耳や鼻などシャープに造形されています。

コウモリ型の飛び道具「バットラング」、グラップネルガン、食いしばりの交換顔が付属します。交換用手首は開き手、持ち手、マント握り手、グラップネルガン構え用が付属しています。

食いしばり顔に交換したところ。眉間のシワと相まって迫力のある顔になりますね。

本商品の目玉である特徴的なマントは大・中が左右対象でそれぞれ3つ、小が左右それぞれ2つ付属しています。組み合わせることで様々な動きを表現出来ます。

アメイジングヤマグチ バットマンの可動範囲

首は大きく上に可動します。隙間も目立たない構造に。
肩部分のマントは基部で可動するため肩可動の妨げになりません。

肩や胸は大きく反らせる事が可能。
肩付近の胸は別パーツになっており、肩可動に合わせて前後させる事が出来ます。

肩は前側にも引き出し可能。

股関節や足首はかなり柔軟に可動します。
太ももには特徴的な山口式可動が仕込まれていてひねりの効いた動きが可能。

アメイジングヤマグチ バットマンのアクション

グラップネルガンを構えて。

特徴的なアレンジが効いたマントを広げるとコウモリっぽいシルエットに。

グラップネルガンは銃先が伸びたものも付属しています。腕から手にかけての流れるようなシルエットが綺麗ですね。

マント握り手を使用して、マントに包まれたようなポーズも可能です。

マントを掴んで着地。

影を作ってダークヒーローっぽく。

まとめ

アメイジング・ヤマグチ 009 バットマンのレビューでした。アメヤマならではの体型や可動範囲のアレンジに加え、特徴的なアレンジがなされたマントにより、コミックそのままの動きのあるポーズを決める事が出来ます。ポロリもなくストレス無く弄れるので、気付いたら長時間ポーズをとらせて遊んでしまいますね。笑
ただ、マントの扱いは少しコツが必要です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事