2代目ブラック・ウィドウ!? 映画女優「フローレンス・ピュー」を解説
Mavel Studios 「https://twitter.com/MarvelStudios/status/1224125659095547904」より引用

ブラック・ウィドウの妹的存在であるエレーナ・ベロワ役として『ブラック・ウィドウ』に出演するフローレンス・ピュー。

昨今では『ミッドサマー』(2019年)『ストーリー・オブ・マイ・ライフ/わたしの若草物語』(2018年)への出演が話題になりました。

フローレンス・ピューは今、最も注目すべき女優だという声も上がっています。
日本の映画ファンからはSNS上で「ピュー子」という愛称でも親しまれています。

そんな「今最も注目すべき映画女優」フローレンス・ピューについて、まだまだ知らないことが多いかと思います。
そこで今回は、フローレンス・ピューの魅力について詳しく紹介します!

プロフィール

まずは、基本的なプロフィールから見ていきましょう。

・生年月日:1996年1月3日
・出身:イングランド
・デビュー:『The Falling』(2014年)

彼女はイングランドで生まれました。『The Falling』(2014年)で映画デビュー。
兄のセバスチャン・ピューも俳優として活動しています。

俳優としての活躍

それでは、俳優としての活躍について詳しく見ていきましょう。

MCUでの出演作

・『ブラック・ウィドウ』(2020年予定)

『ブラック・ウィドウ』(2020年予定)でMCUには、初参加。
ブラック・ウィドウの妹分エレーナ役として登場します。
ブラック・ウィドウの妹分として、そのアクションにも注目です。

その他の出演作

・『マクベス夫人/レディ・マクベス』(2016年)
・『アウトロー・キング スコットランドの英雄』(2018年)
・『ファインディング・ファミリー』(2019年)
・『ミッド・サマー』(2019年)
・『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』(2019年)

映画デビューは2014年。昨今では話題作への出演が相次いでいます。
そして『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』(2019年)ではアカデミー賞助演女優賞にノミネート。世界中の注目を集めました。
また、日本では『ミッド・サマー』(2019年)をきっかけに注目を集めました。
ホラー映画である『ミッド・サマー』(2019年)での熱演が印象的な彼女ですが、実はホラー映画が大の苦手とのこと。

そして、『ブラック・ウィドウ』(2020年予定)にて、満を辞してのMCU参加へと至りました。

フローレンス・ピューの魅力3選!

今「最も注目すべき映画女優」フローレンス・ピュー。
それでは、彼女の知られざる魅力について紹介していきます!

<h3>アリ・アスターも太鼓判!フローレンス・ピューの直感力

フローレンス・ピューは直感力が高いと評判です。
『ミッド・サマー』(2019年)の監督アリ・アスターも「彼女の直感は異常に信頼性が高い」と語っており、その直感力には太鼓判をおしています。

最近では、直感で初めてのタトゥーを入れたというニュースも話題に。
何も決めずに店に行き、直感で入れたというので驚きです。
ちなみに入れたタトゥーは蜂のタトゥーだったとか。

21歳年上!?話題の恋人とは

フローレンス・ピューの一番の話題といえば、交際している恋人のことでしょう。
恋人は俳優のザック・グラフ。映画での共演がきっかけだったとか。
なんと、彼の年齢は45歳。彼女とは21歳差です!

そんな2人ですが、歳の差を感じさせない仲の良さがうかがえます。
Instagramのストーリーでは、ザックが彼女の顔がプリントされた靴下を履いている姿も。
大人びたフローレンスとお茶目なザック。とてもお似合いのカップルですね!

今は休憩中、今後の活躍に期待!

話題作への出演が相次ぎ、ついにMCUへと参加したフローレンス・ピュー。
そんな彼女ですが、今は休憩期間に入っているとのこと。
「4年ほど休まずに走り続けてきた。」と語っている通り、デビュー以来、映画界を駆け抜けてきた彼女。
さらにパワーアップして、戻ってくることでしょう。

再び、スクリーンで彼女に会える日が楽しみですね。

まとめ

今回はエレーナ役でMCU初参加となるフローレンス・ピューについて紹介しました。
「今最も注目な女優」として大注目の彼女の今後のさらなる活躍も目が離せませんね!

Twitterでフォローしよう