2代目ブラック・ウィドウ? エレーナ・ベロアとは? 今後のMCUでの活躍は?

2020年11月に公開を控える『ブラック・ウィドウ』。

MCUフェーズ4の1作目ということもあり、注目が集まります。

映画ブラックウィドウは『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『アベンジャーズ3/インフィニティ・ウォー』の間のストーリであると言われています。

今回は『ブラック・ウィドウ』に登場するエレーナ・ベロアという人物に注目しました。

また、今作に登場するロシア版キャプテン・アメリカと呼ばれるヒーロー「レッドガーディアン」は以下で紹介しています。
こちらも本作の鍵を握るキャラクターですので、要チェックです。

また、『ブラック・ウィドウ』にはタスク・マスターというヴィランが登場します。

こちらも今後のMCUには欠かせないキャラになる可能性があるため、要チェックです。

エレーナ・ベロアとは

2代目ブラック・ウィドウ「エレーナ・ベロア」(c)marvel

エレーナはナターシャ同様、ロシアで所属していたKGBという組織のスパイ養成プログラム“レッド・ルーム”に参加して鍛えられました。

ナターシャ同様、世界最高レベルのスパイでナターシャのブラック・ウィドウの称号に囚われるようになり、自身の方が優れていることの証明に尽力します。

原作コミックでは2代目ブラック・ウィドウとして活躍していました。

マーベル公式ページのキャラクター紹介ではブラックウィドウとして紹介されています。

ちなみに『アベンジャーズ3/インフィニティ・ウォー』でブロンドヘアーで登場したナターシャはエレーナ版ブラックウィドウをイメージしていたとか。

また、映画『ブラック・ウィドウ』でエレーナ・ベロワを演じる「フローレンス・ピュー」は映画「ミッド・サマー」が大ヒットし、今最も勢いのある若手女優としても知られています。

エレーナ・ベロアの能力

2代目ブラック・ウィドウ「エレーナ・ベロア」(c)marvel

体力:2
エネルギー:1
戦闘スキル:6
知性:3
スピード:3
パワー:2

女性キャラということもあり、体力やパワーなど全体的に低めですが、戦闘スキルは全キャラの中でもかなり高めに設定されているようです。

※上記はマーベルコミック原作コミックを元に算出された値となります。

MCUにおけるエレーナ・ベロア

『ブラック・ウィドウ』の予告編は公開されましたが、エレーナ・ベロアについては不明なことが多いです。

もしかすると、今後のMCUでブラック・ウィドウの称号は彼女に引き継がれるなんてことも?

また、『ブラック・ウィドウ』では過去にMCUでサンダーボルト・ロスを演じた俳優ウィリアム・ハートの姿が撮影現場で目撃されています。

彼は原作マーベルコミックにおいて、サンダーボルツというチームを結成しており、今後のMCUでの登場が噂されています。

エレーナ版ブラック・ウィドウが今後、サンダーボルツと対峙するなんて展開もあるのでは無いでしょうか。

今後の展開に目が離せませんね。

マーベル最新映画『ブラック・ウィドウ』ですが2020年5月に公開です。



Twitterでフォローしよう