【レビュー】『週刊アイアンマン』デアゴスティーニ日記 #番外編1

皆さん!
『週刊アイアンマン』組み立てていますか?

先週、創刊号を購入した本屋に再び訪れたのですが、山積みだった創刊号が全て売り切れていたので驚きました。

買い逃しを防ぐためにも、早速定期購読をス開始。
このブログもしばらくは継続しそうです笑

今回は番外編ということで、2号発売前に届いた専用バインダーと、創刊号のパーツとダイソーアイテムだけでできる遊び方をレビューします。

 

総額20万円以上の『週刊アイアンマン』どこまで続くか分かりませんが、このブログでは可能な限りレビューしていこうと思います。
しかし、金銭面でも挫折するかも知れません。
この記事を読んで続きを見たいと思った人は、是非Twitterで応援いただけますと幸いです!
皆様のコメントが力になります!

>>ブログ管理人「働きたくないマン」をフォローする

働きたくないマン
みんなの応援が継続の力になるぞ!
是非、twitterで応援してくれ!!

『週刊アイアンマン』専用バインダーをレビュー

『週刊アイアンマン』専用バインダーをレビュー

『週刊アイアンマン』の定期購読を開始するときに同時に注文できる専用バインダーです。

この箱↑↑に直接宛先のシールが貼られて発送されます。書店にもこの箱が並んでいました。

 

『週刊アイアンマン』専用バインダー

『週刊アイアンマン』専用バインダー

外側と内側はこんな感じです。
内側には上下にフックがついており、毎週届く冊子をここに挟むことができます。

 

『週刊アイアンマン』専用バインダー

創刊号の冊子を挟むとこんな感じ。
一冊だけだと固定されないので、非常に読みにくいです。

もっと多くの冊子を挟み込まないと安定しないのだと思います。

また、一冊あたり20冊分の冊子を収納可能。
週刊アイアンマンは全100冊なので、全て収納するにはバインダーが5本必要ということになります。

 

『週刊アイアンマン』専用バインダー

1〜5の番号が振られた透明のシールが付属するので、バインダーに番号をつけることができます。

これにより、100冊の冊子を5本のバインダーで管理できますね!

 

『週刊アイアンマン』の専用バインダーは2021年の2月末まで635円のキャンペーン価格で販売されます。
通常価格は1230円なので、半額の大特価ですね。

2020年の2月までに100冊集める覚悟を決めた人にはまとめ買いをオススメします。

ダイソーアイテムで中の人を作ろう

ダイソーアイテムで中の人を作ろう

週刊アイアンマンの創刊号だけでアイアンアマンの顔パーツの前面が完成します。
これにダイソーで購入したアイテムを使用して一工夫すれば、顔の前面パーツのみでも結構楽しめるということが分かりました。

強力マグネットでマスクパーツを固定

強力マグネットでマスクパーツを固定

ダイソーなどの100円均一ショップには写真中央のような強力マグネットが売っています。

このマグネットを顔パーツの裏面に仕込むことで、磁石の力でマスクを頭部に固定できます。

 

ダイソーアイテムで中の人を作ろう

こんな感じです。
正直、かなり緩いですが、なんとか止めることができました。

もっと大きい強力磁石ならホールド力はアップするはずです。

そしてこうなると中の人が欲しくなりますよね?

粘土で顔パーツを造形してみた

粘土で顔パーツを造形してみた

ヘタクソですみません!
私にはトニースタークは作れませんでした。

ただ、粘土を仕込めばこんな感じでアイアンスーツの中の人を再現することができます。
※乾いた粘土を取り出す時に、パーツを気をつけないように注意して下さい。

 

裏面にはマグネット完備

裏面にマグネットを仕込んでおくことで、顔パーツは着脱可能に。
顔パーツを沢山作れば、プレイバリューが上がること間違いなしです。

 

グルートの造形にチャレンジ

グルートの造形にチャレンジ

一回目があまりにも酷かったので、改めてグルートでチャレンジすることにしました。
アイアムアイアンマン ではなくアイアムグルートになりますね!

ダイソーアイテムで中の人を作ろう
ダイソーアイテムで中の人を作ろう

いかがでしょう?
素人なりに頑張ってみました。

もちろんこの顔パーツも磁石で固定されているので、差し替え可能です。

 

まとめ

今回は『週刊アイアンマン』の専用バインダーのレビュー。
そして、創刊号をもっと楽しむ方法をご紹介しました。

番外編では顔パーツ造形への取り組みもアップしていこうと思います。

造形に自信がある人は是非チャレンジしてみて下さい!
そして良かったらSNSなどで教えていただけると嬉しいです!

また、続きが見たいと思った方はフォローやコメントをいただけますと幸いです。

>>ブログ管理人「働きたくないマン」をフォローする

Twitterでフォローしよう