PS4ゲーム『マーベルズ アベンジャーズ』のラスボスに隠された秘密
MARVEL AVENGERSストリートレーラー「https://avengers.square-enix-games.com/」より引用

皆さん、スクエニのゲーム『マーベルズ アベンジャーズ(Marvel’s Avengers)』プレイしていますか?

今回、私がプレイする中で明らかになった情報を元に『マーベルズ アベンジャーズ(Marvel’s Avengers)』に登場するボス(ビランをご紹介します。)

MCUで活躍している有名なマーベルキャラがボスキャラとして登場しており、ファンとしても楽しめる作品になっています。

本記事はゲーム『Marvel’s Avengers』のネタバレになる可能性がありますので、ストーリーを楽しみたい方はご注意ください。

本編をプレイした感想や評判は以下の記事をご覧ください。

『Marvel’s Avengers』のストーリー

アベンジャーズ西海岸支部の発足を祝う式典『A-Day』。
オリジナルのアメコミをファンが投稿し、アベンジャーズが審査する大会の決勝の舞台でもありました。

ヒロインの少女「カマラ=カーン」もそのイベントにファン代表として参加。
しかし、イベントの最中にサンフランシスコが襲撃されます。

アベンジャーズはヴィランを撃退しますが、サンフランシスコは壊滅的な被害に遭い、同時に人々を超人化する毒ガスが街中に撒かれます。
その影響で人々は「インヒューマン病」という病にかかり超人的な力に覚醒するのですが、迫害されたり、犯罪が街に溢れるなど、人々の不満は高まります。

その不満や責任の所在はアベンジャーズに向けられ、アベンジャーズは解散へと追い込まれるのでした。

5年の月日が流れ、アベンジャーズの不在の穴を突くように、
「インヒューマン病」を治療できるという企業「アドバンスド・アイデア・メカニクス(AIM)」が大きな力を手にするのでした。

そして成長したカマラ・カーンは偶然AIMの陰謀を知ってしまいます。
「カマラ・カーン」は新ヒーロー「ミズ・マーベル」として、アベンジャーズ再結成の鍵を握る存在となるのでした。

『Marvel’s Avengers』に登場するヴィラン

以下ではベータ版の情報、公式から明らかになったPVなどの情報から、登場が確定しているヴィランを紹介します。

スクエニのゲーム『Marvel’s Avengers』ではMCU(映画版)を意識してか、コスチュームを映画版にかなり寄せています。
もちろんヴィランのビジュアルも寄せており映画ファンでも楽しめるゲームに仕上がっています。

 M.O.D.O.K(モードック)

A.I.Mとは?今後のMCUに登場するヴィラン「モードック」との関係は?

MARVEL「https://www.marvel.com/characters/modok」より引用

「M.O.D.O.K(モードック)」はA.I.Mという組織によって生み出されたヴィランです。
元々はA.I.M組織の普通の人間でしたが、A.I.Mの演算装置により改造され、超能力と天才的頭脳を得ました。

今作『Marvel’s Avengers』ではA.I.Mの創設者であるジョージ・タールトンがこの様な姿に変貌を遂げると言われています。

モードック(M.O.D.O.K)とは正式名称”Mental Organism Designed Only for Killing”で、「殺人のために設計された可動式有機体」という意味になります。

タスクマスター

映画「ブラック・ウィドウ」に登場するヴィラン、タスク・マスターとは?能力を考察

MARVEL「https://www.marvel.com/characters」より引用

タスクマスターは2020年11月公開予定の映画『ブラック・ウィドウ』に登場が確定しているキャラクターです。

原作の設定ではブラック・ウィドウが育成されたスパイ養成機関レッドルームの指導者です。
ブラック・ウィドウとは因縁の深いキャラクターですね。

能力はコピー能力で、人間が真似できる動きなら、精密に動きをコピーできます。
例えば、「ホークアイの弓術」、「キャプテンアメリカのシールド」、「スパイダーマンのアクロバティックな動き」、「ブラックパンサーの爪による攻撃」などを再現可能です。

ゲームではチュートリアルの終盤に登場し、ブラック・ウィドウとの戦闘になります。

残念ながら、ベータ版のゲーム中でヒーローの動きをコピーする様なシーンはありませんでした。
ストーリーが進行した時に再登場することに期待ですね!

アボミネーション

アボミネイション

MARVEL「https://www.marvel.com/characters/abomination」より引用

アボミネーションはハルクの血液サンプルを投与して怪物の姿に変貌した海兵隊員。
MCU2作目の『インクレディブル ハルク』のヴィランとして登場しています。

ハルクと同等の怪力の持ち主で、一回り以上大きい姿をしています。
ハルクと違い、怪物の姿で理性を保っているが、元の姿に戻ることはできません。

映画での戦闘シーンは力と力のぶつかり合い。
迫力満点ですのでオススメです!

MCU映画を見返すのであれば、Desney+(ディズニープラス)の視聴無料期間を活用して観るのがオススメ!
U-nextやTSUTAYAディスカスでも無料視聴可能ですので是非試してみて下さい。

モニカ・ラパチーニ博士

原作コミックへの登場は今のところ不明。
もし、原作コミックの登場経歴を知っている人がいれば教えて下さい〜

「M.O.D.O.K(モードック)」こと「ジョージ・タールトン」の助手でありAIMの副長官でもあります。

彼女自身は普通の人間ですが、今作は機械の能力が非常に高く、AIMが作成した巨大マシンに搭乗して戦います。

ウォーボット

こちらも『マーベルズ アベンジャーズ(Marvel’s Avengers)』のオリジナルっぽいです。

ウォーボットは建造物ほどの大きさがある巨大なマシンで、戦車のような動体から複数の足が生えています。
足の踏みつけ攻撃と側面に装備された遠隔攻撃武器でヒーローを苦しめます。

まとめ

現在私がプレイしているところまで判明している『Marvel’s Avengers』に登場するボス(ヴィラン)をまとめました。
今夜もプレイするので、新たなボスが分かり次第情報を更新します。

個人的にはMCUでも活躍するような有名ヴィランが続々登場すると期待していたのですが、後半は巨大なマシンとの戦いが多くてちょっと残念。

初期バージョンで6体のボス。
追加コンテンツでさらに複数のボスが登場するようですので、追加の情報にご期待ください。

『Marvel’s Avengers』は2020年9月4日発売!
情報が更新され次第、この記事も更新していきますね!

Twitterでフォローしよう