PS4ゲーム『マーベルズ アベンジャーズ』をクリアして思ったこと

2020年9月1日、ついに待望のPS4ゲーム『マーベルズ アベンジャーズ(Marvel’s Avengers)』が発売されました。

本来の発売日は2020年9月4日のようですが、限定エディションを購入した人は9月1日から遊べる72時間のアーリーアクセス権が与えられるようです。

私も限定エディションを購入していたので、9月1日の0時からプレイすることができました。

ストーリーをクリアし、その後10時間ほどプレイした感想を記載していきます。

『マーベルズ アベンジャーズ(Marvel’s Avengers)』に関する最新の感想はtwitterで随時発信していきますね!

>>ブログ管理人「働きたくないマン」をフォローする

 

ストーリーが面白い


発売直前8/27に公開された『マーベルズ アベンジャーズ(Marvel’s Avengers)』のトレーラーですが、かなりカッコよく仕上がっていますね!

権利関係上、ゲームの世界とマーベル映画(MCU)は異なります。
ですのでビジュアルや声などが映画版と違うことを残念に思う人も多いでしょう。

しかし、権利関係でNGだからと言って、全く別というわけでもありません。
このゲーム作品は映画ファンが楽しめるように多くの設定を映画版と共有しています。

特に主人公のカマラ(ミズマーベル)自身もマーベルヒーローの大ファンという設定で、主人公と共感し合いながらストーリーを進めることができます。

twitterの評判まとめ

『マーベルズ アベンジャーズ(Marvel Avengers)』の評判に関するツイートで気になるものをまとめました。

今作はMCUを意識した要素がたっぷり詰まっており、映画ファンなら十分に楽しめゲームになっていると感じました。

https://twitter.com/gu_wa0206/status/1300951538718793728

27,000円「リアッセンブルエディション」は超豪華!
2020年9月1日現在、まだ在庫を購入可能のようです。

 

あの大人気スーツ「ハルクバスター」も使えます
個人的にはこの機能が一番テンション上がりました。

私も感じましたが、フリーズ系のバグが散見されます。
早く治してほしいですね。。

アメコミファンにしか分からないイースターエッグ(小ネタ)が多数散りばめられています。
MCUの名シーンのオマージュと思われるシーンも盛り沢山です。

https://twitter.com/Yumi_yummy0831/status/1300731429114896384

ベータ版との違い

ベータ版と違う!

先日配信されたベータ版をプレイしましたが、製品版と全然違うと感じました。
細かいゲームレビューが出来る知識はありませんが、製品版は明らかに「楽しい!」と感じました。

素人なりに楽しいと思った理由を考察します。

ストーリーが省略されておらず、没入感が増す

ベータ版をプレイした時、ストーリーが分かりにくいと感じたのですが、
かなり前半のストーリーがカットされていたようです。

主人公に感情移入する重要なシーンがほとんど省略されていたのが、ベータ版に没入できなかった最大の原因でしょう。
製品版ではストーリーに共感できる没入感が感じられ、ゲームを面白いと感じるようになります。

ストーリーの内容もMCU映画を見ているようで非常に面白いです。

特に冒頭のカマラ(ミズマーベル)がアベンジャーズのイベントに訪れるシーンはファンとして普通にワクワクします。
主人公のカマラと意思を共有できていると感じました。

キャラを育成するモチベーションが湧く

ベータ版の時はせっかくキャラを育てても製品版でリセットされることから、本腰を入れてキャラ育成を頑張れませんでした。

一方、製品版だと今後マルチプレイでも使用するため、本腰を入れてアイテム収集作業に没頭できます。

『マーベルズ アベンジャーズ(Marvel’s Avengers)』は敵を倒してアイムを集めるハクスラ型で作業感を楽しむゲームでもあるため、製品版の方が注意深くアイテムを収集できるので楽しめます。

クリア後について(9/6追記)

ストーリーの評判は好評ですが、ゲーム性については酷評も見受けられる『マーベルズ アベンジャーズ(Marvel’s Avengers)』ですが、クリア後10時間ほどプレイした感想として、ゲーム性はそこまで悪いとは感じられませんでした。

ストーリークリア時には解放されないアクションやコスチュームが相当数あることや、コスパの良い周回ミッションが用意されていることなど、一度始めるとついつい没頭してします。

モンハンのようなクエストを周回ゲーを楽しめる人は十分楽しめると思います。
マーベル映画のファンなら少なからず楽まえるでしょう。

ただし、ゲームとして、まだまだ改善して欲しいところが残っているのは確かです。
次の章で解説します。

不満を感じるところ

『マーベルズ アベンジャーズ(Marvel’s Avengers)』はストーリーが非常に面白いです。
完結するまでは間違いなく楽しんで遊ぶことができるでしょう。

一方、いくつか直して欲しいと思うところが見つかったので、以下にまとめます。

雑魚的の体力が多い

雑魚的を一体倒すのに3〜4発ほど攻撃を入れる必要があり、爽快感を感じにくいです。
特にハルクを使っている時に感じるのですが、「ヒーローの攻撃威力はもっと強くあって欲しい」と思ってしまいます。。

今のところ、以下の回避方法で少し良くなりますが、それでも雑魚的のしぶとさには悩まされるでしょう。

※【9/6追記】ストーリークリア後レベル20ほどまで強化すると雑魚的の体力が気にならず、爽快感が増すことがわかりました。

雑魚的処理が辛いと感じたら
  • ギアを収集し、マメにヒーローのパワーを上げる
  • プレイ難易度を「イージー」にする

フリーズする

ネットで多くの「フリーズ」に対する声を耳にします。
特にPCのベータ版は酷かったようです。

私はPS4版をプレイしましたが、6時間ほどプレイして一回だけ20秒ほどフリーズしました。
ベータ版の時も似たようなフリーズをしたことがあります。

致命的なバグとは思いませんでしたが、タイミング次第ではイライラするかもしれませんね。
今後のアップデートで改善されることを祈ります。

『Marvel’s Avengers』に参戦確定キャラ

今後の追加コンテンツとして配信されるキャラクターを紹介します。

ホークアイ

MCU版アベンジャーズの初期メンバーでありながら、映画『アベンジャーズ インフィニティウォー』に一切登場しなかったホークアイ。

映画版同様の悲劇再びとネットでは騒がれましたが、追加コンテンツで帰ってくるようです。
坊主にするというイメチェンぷりにファンはついて行けるのでしょうか??

スパイダーマン

スパイダーマン

大人気マーベルキャラの「スパイダーマン」。
非常に残念ですが、PS4/PS5版でしかプレイできないとのことです。

ちなみに私はPS4版なのでセーフです。

ケイト・ビショップ

ケイトビショップはDesney+ドラマ「ホークアイ」にほぼ間違いなく登場すると言われており、ホークアイの2代目を継ぐキャラクターです。

今後登場するかもしれないヒーロー

『マーベルズ アベンジャーズ(Marvel’s Avengers)』には、プレイヤーが操作することはできないが作中に登場するヒーローが複数います。

初期バージョンではプレイすることはできませんが、今後追加コンテンツで登場することが予想されます。

ブラックパンサー

先日、MCU版のブラック・パンサーを演じたチャドウィック・ボーズマンさんの訃報が流れた際、『マーベルズ アベンジャーズ(Marvel’s Avengers)』の公式からも追悼の文章が発表され、その際にブラックパンサーのロゴが表示されました。

これにより、ブラックパンサーもプレイアブルキャラとして登場する可能性が高いと騒がれるようになりました。

キャプテンマーベル

キャプテンマーベルの強さ

MARVEL「https://www.marvel.com/characters/captain-marvel-carol-danvers/in-comics」より引用

ゲーム冒頭から「キャプテンマーベル」のポスターなどが多数出現し、キャプテンアメリカも「彼女は宇宙に行っている」と話していることから、「キャプテンマーベル」は設定上存在し、ヒーロー活動をしていることになります。

また、ヒロインの「カマラ=カーン(ミズマーベル)」が「キャプテンマーベル」に憧れていることを考えると、ゲーム開発側としては、「キャプテンマーベル」を登場させる胸アツ展開は実現したいでしょう。

いつになるかは分かりませんが、『マーベルズ アベンジャーズ(Marvel’s Avengers)』が順調に進めば、「キャプテン・マーベル」はゲームに登場すると予想されます。

アントマン

「アントマン」とは?

MARVEL「https://www.marvel.com/characters/ant-man-scott-lang」より引用

マーベル原作コミックにおける初代アントマンが登場します。

ヒーローとしては参加せず研究者として、AIM対策に強力してくれます。
アントヒルという、AIMの病に犯された人々を救うレジスタンスを立ち上げており、、『マーベルズ アベンジャーズ(Marvel’s Avengers)』において超重要な役割をになっています。

ピム粒子で物質を小型化したり、彼がアントマンと呼称されるシーンもあるため、今後彼がアントマンとして活躍する可能性は十分にありそうです。

まとめ

今回はチュートリアル+αをプレイして感じた『マーベルズ アベンジャーズ(Marvel Avengers)』の感想をまとめました。

ベータ版が賛否両論状態だったので、かなり心配していたのですが、
今のところ、心配になるような問題はありませんでした。

まだ配信されて12時間も経っていないので、引き続き情報をまとめようと思います。

Twitterでフォローしよう