「ケイト・ビショップ」とは?2代目ホークアイの能力を解説
MARVEL「https://www.marvel.com/characters/hawkeye-kate-bishop/in-comics」より引用

ヤングアベンジャーズの一員であり、弓を武器に戦うスーパーヒロイン「ケイト・ビショップ」。

初代「ホークアイ」として活躍してきたクリント・バートンから、その名を引き継ぎ二代目「ホークアイ」となるのが、今回ご紹介する「ケイト・ビショップ」です。

なお実写ドラマ「ホークアイ」は、ディズニーの映像配信サービス「Disney+」にて来年公開予定。
今作でアベンジャーズでお馴染みの初代ホーク・アイであるクリント・バートンからケイト・ビショップがホークアイを継承するのではと噂されています。

今回は2代目ホークアイである「ケイト・ビショップ」について解説します。

原作コミックに学ぶ「ケイト・ビショップ」の生い立ち

ケイト・ビショップはマンハッタンに住むお金持ち一家の一番末の娘。
父親とは距離があったものの、彼女は父を尊敬しており、幼いころから彼の注意をひき認めてもらいたいと思っていました。

両親の関係は悪く、母親は休暇中家を不在になりがちでした。

そんな家庭環境で育ったケイト・ビショップは、たびたび孤独を感じ自分しか信じることのできない孤立したぶっきらぼうで頑固な性格になりました。

ある日、父親の行動に疑問を抱いたケイト・ビショップが彼を尾行した際に、父親が闘牛士マタドール(ヴィラン)と密会する場面に遭遇。
その後マタドールに見つかってしまったケイトは捕まえられそうになりましたが、どこからともなく矢が飛んできてマタドールの注意を引き、彼女は助かりました。

ホークアイに助けられたケイト・ビショップは、超人的パワーはなくても自分自身の弓のスキルだけで敵と戦うホークアイに感動し、ケイトは彼に憧れるようになりました。

「ケイト・ビショップ」の能力

「ケイト・ビショップ」とは?2代目ホークアイの能力を解説

MARVEL「https://www.marvel.com/characters/hawkeye-kate-bishop/in-comics」より引用

ケイト・ビショップは他のスーパーヒーローとは異なり超人的なパワーは持ちませんが、優れた身体能力を存分に生かし戦っています。そんなケイト・ビショップならではの能力をご紹介します。

「弓術」

ケイト・ビショップは2代目ホーク・アイと呼ばれるほどの世界屈指の弓術家であり、狙撃の名手とされています。

「剣術」

前述した弓矢の実力と同様に、剣の使い手としても有名で、特にフェンシングや剣術を得意としています。

「熟練した武道家」

自分で自分の身を守るべく昔から護身術を学んでおり、またボクシングや柔術、そしてその他の近接格闘術にも長けている最強の武道家です。

MCUドラマへの登場について考察

今回のドラマ「ホークアイ」では、長年「ホークアイ」として活躍してきた「クリント・バートン」が遂に引退し、「ケイト・ビショップ」が二代目として引き継ぐのではと噂されています。

クリント・バートンにはエンドゲームで娘に弓術を教える描写があり、実の娘が「ケイト・ビショップ」としてホークアイを継ぐのではと言う噂もあります。

その場合、原作コミックと設定は異なりますし、苗字も変わるため2代目ホークアイは「ケイト・ビショップ」と言う名前ではないかも知れませんね。

Twitterでフォローしよう