「ウィッカン」とは? ワンダとヴィジョンの子供の能力を解説
MARVEL「https://www.marvel.com/characters/wiccan」より引用

ウィッカンは原作マーベルコミックにおいて、スカーレット・ウィッチとヴィジョンの子供であり、今後のMCUでの活躍が噂されています。

独自の特殊能力でマーベル世界を混乱させるほどパワフルな超能力を持つスカーレット・ウィッチ。
そして、アンドロイドでありながらソーのハンマーを持つことができるほどの心を持つヴィジョン。
その子供である「ウィッカン」も相当なパワーを持っているに違いありません。

原作コミックではティーンメンバーで構成されたヤングアベンジャーズ というチームの一員として活躍します。

また、ディズニーの映像配信サービス「Disney+」において、スカーレットウィッチことワンダ・マキシモフを主人公とするドラマ「ワンダヴィジョン」に登場すると言われています。

今回はそんな「ウィッカン」について、原作マーベルコミックをもとにご紹介いたします。

原作マーベルコミックに学ぶ「ウィッカン」の生い立ち

ミュータントであるワンダと人造人間であるヴィジョンの間では、子供をもうけることは出来ませんが、ワンダの特殊能力である現実改変力によって、2人は双子の子供を授かります。
しかし、その子供たちは結果的に消滅してしまいます。

その失われた双子のうちの1人に転生したのが「ウィッカン」とされています。

ウィッカンは元々心臓専門医の父親と心理学者の母親の間に生まれ、本名をウィリアム・ビリー・カプランと言います。

実はビリーが特殊能力に目覚めたのは、スカーレットウィッチとヴィジョンの双子に転生する前にアベンジャーズマンションの前でたまたまスカーレットウィッチと遭遇したことがきっかけでした。

ビリーは彼の性的指向とオタク的な気質により、学校でいじめにあっていました。ある日、彼は自分が大好きなアベンジャーズであるスカーレットウィッチと出会い、彼女から励ましの言葉をもらったことがきっかけで、いじめっ子に立ち向かうことを決意します。

そこで初めて、いじめっ子を瀕死状態に追いやるほどの超人的パワーを発揮したのです。その後、ますます特殊能力を操れるようになったビリーは、ヤングアベンジャーズを結成したアイアンラッドから誘われ、ヤングアベンジャーズへの参加を決めました。

原作マーベルコミックに学ぶ「ウィッカン」の能力

MCUでの活躍は全く未知ですが、原作コミックでは強力かつ多彩な能力を使用します。

「現実改変能力」

スカーレットウィッチから引き継いだ、現実を操作し思い通りに変えてしまう特殊な能力を持ちます。
彼は魔法を使うことができますが、そのスタイルは少々独特で、自らが実現したい行為を繰り返し自分自身の中で唱えることで、現実に叶えることが可能です。

またウィッカンは定型の呪文を持っておらず、ほとんどがその場で即興で作られたものです。また彼の呪文は非常に影響力がありますが、常に真剣に願わないと効果が減少する傾向にあるようです。

「電気操作力」

電気を巧みに操るスキルを持ち、自ら電気を生み出したり、放出することができます。更には電荷、電場、電流、電磁気など電気に関するあらゆるものをコントロールする力を持ちます。

「テレポート」

実際に口に出して呪文を唱えなくても、念ずることで自分自身や他人を他の世界や場所、また異次元へ瞬間移動させることができます。

今後のMCUとの関係について

「ワンダヴィジョン」については、まだ具体的なストーリーが明らかにされていません。
しかし予告編のあるシーンで、ワンダとヴィジョンのそばに2つのベビーベッドとおしゃぶりらしきものが写りこんでいるため、今回のドラマでは「ウィッカン」と双子の弟であるスピードが登場するのでは、という見方が有力視されているようです。

原作に従うのであれば、今作で「ウィッカン」は消滅するが、どこかに転生し、ワンダと再開を果たすことになるでしょう。
アツい展開を想像してしまいますね。

「Disney+」で放送されるドラマ版のMCUでは若いヒーローが多数登場すると噂されており、今後「ヤングアベンジャーズ 」に話が展開すると言われています。

既にドラマの放送が決定している『ホークアイ』や『ミズ・マーベル』からティーンヒーローの登場して、今後のMCUに大きく影響するでしょう。

Twitterでフォローしよう