マーベル原作コミックに学ぶウォッチャー(ウアトゥ)
MARVEL公式「https://www.marvel.com/characters/uatu-the-watcher」より引用

Disney+ (ディズニープラス)、MCU初のアニメシリーズ「ホワット・イフ…?(原題:WHAT IF…?)」が2021年8月11日から配信予定です。

MCUのキャラクター達がパラレルワールドで本編と運命を辿る物語となっているようです。

今回は「ホワット・イフ…?(原題:WHAT IF…?)」において、重要なポジションとなる可能性の高いキャラクターである『ウィッチャー』について、マーベル原作コミック情報をもとに調査しました。

ウォッチャーとは

数十億年前から存在する高度な技術を持つ地球外生命体「ウォッチャー」

彼らは宇宙の後進種族を助けることが自分たちの義務だと考えており、知識の普及を試みました。
しかし、その技術や知識を殺戮の道具として使用された事をきっかけに他民族の問題に干渉しないことを誓うことになります。

その名の通り、ただ各惑星の情報を観察して記録するだけで干渉は一切禁止されているのです。

 

その後、ウォッチャー達は様々な惑星に散らばって、観測した情報を共有し合うこととなる。

宇宙にはウィッチャーの同族が大勢いて、中には地球の観察を行うウアトゥのように、地球の生命体に魅了されて不干渉の掟を破るものもいます。

地球を観測する『ウアトゥ』

ウアトゥは数十億年にわたって地球を観察していました。

彼は何世紀にも渡って地球を観測していたが、次第に地球の生命体が好きになり、地球の存続が脅かされたときに、ウォッチャーの掟を破ってしまいます。

ウアトゥはミスターファンタスティック(ナサニエル=リチャーズ)と有効を深め、ギャラクタスの侵略から地球を守ったり、タイムキーパーのポータルを通じてマルチバースん研究を行いました。

Disney+ (ディズニープラス)『ロキ』に登場するタイムキーパーや、今後活躍が期待されているファンタスティックフォーとも交流があるようですね。

実は弱い?

マルチバースを観察するほどの存在で、神の次元の存在ですが、ウォッチャーの戦闘力は決して高くなく、原作コミックではあっさりマイナーキャラに殺されてしまうこともしばしばでした。

個人的にはアベンジャーズのニックフューリーのようなポジションになるのではと予想しています。

Twitterでフォローしよう